head_img_slim

information

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 腰痛

腰痛について

腰痛は40~60歳代の中高年の人に多く見られますが、老若男女で悩まれている症状の一つです。また、肩こりと並んで日本人の国民病と言われ、多くの人に発症しています。


腰痛に悩んでいる人の数

腰痛で悩まれている日本人の数は、ここ数年1000~3000万人超で推移していると言われています。つまり、約4~10人に1人が「腰痛」を持っているということです。


 

腰痛の原因

woman08

全ての腰痛の約85%は、レントゲンなどの画像検査で腰の明らかな異常は見られない原因不明のようです。

多かれ少なかれ、ストレスや不安、鬱などの心理的・社会的要因が関与していると言われています。この他に内臓の病気や骨のガン、細菌感染などの内科的疾患が原因の腰痛もありますが、腰痛全体の1~2%と言われています。

また、肩こりのある人の約70%、ストレスのある人の約40%が腰痛になっているとの研究結果も報告されており、肩こりのある人はない人の約3倍腰痛になりやすいとも言われます。

たばこやお酒の摂取量が多いほど腰痛のお客様の比率が高くなっているという結果も出ています。


 

腰痛の種類について

symptom23

腰痛には「椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎分離・すべり症」「変形性腰椎症」「筋筋膜性腰痛」「骨粗しょう症」などがありますが、一般的に腰が痛くなることを全てまとめて「腰痛」と呼んでいます。症状によって様々な腰痛があるので、まずは整形外科など医療機関できちんと検査をし、正しい治療をすることが必要です。

しもにし整体院では検査や施術を行い、症状が改善されない場合は医療機関へのご紹介をさせて頂きます。

それでは上記にあげた症状に関して簡単に説明して行きたいと思います。

「椎間板ヘルニア」…重い物を持ったり、年齢による変化、悪い姿勢での動きを繰り返し、背骨や骨盤のズレがきっかけで、椎間板の中身がはみ出して、神経根や脊髄を圧迫し、腰の痛みや脚のシビレを引き起こします。手術が必要なこともありますが、軽度の場合は姿勢や動作に気をつければ自然に治ることもあります。

「腰部脊柱管狭窄症」…主な原因は加齢変化で比較的高齢者に多い疾患で脊柱管が狭くなり、神経を刺激して起こります。腰から脚に痛みやシビレが発症し歩きづらくなりますが、腰を下ろし少し休むとまた歩けるという間欠性跛行という症状が特徴的です。進行するに従い一度に歩ける距離が短くなっていきます。

「腰椎分離・すべり症」…激しいスポーツなどで腰椎の一部の椎体と椎弓が断裂したものを腰椎分離症といいます。分離した椎体が前方にずれたものを腰椎すべり症といいます。

「変形性腰椎症」…腰椎の加齢変化で椎間板内の水分が減少することでクッションの役割が低下し、椎体が刺激を受けて、骨棘(とげ状の骨)が出てきます。これが神経を刺激し、痛みやシビレを引き起こします。

「筋筋膜性腰痛」…スポーツをした時や長時間同じ姿勢でいたとき、腰背筋に負担がかかり起こります。

「骨粗しょう症」…年齢を重ねるにつれて骨の密度が減少し、もろくなって起こります。ある程度以上の負荷がかかると圧迫骨折を起こすこともあり、高齢者の女性に多く見られます。

この他にも「ぎっくり腰」といった中腰で重いものを持ったりした時に急に腰が痛くなり動けなくなった状態のもの(魔女の一撃とも呼ばれます)があります。
軽い腰痛、原因がはっきりしない腰痛などはまとめて「腰痛症」と言われます。


 

腰痛の治癒率と再発率

全ての腰痛の90%は自然に治ると言われています。

ぎっくり腰や筋肉疲労が原因の腰痛なら1~2週間、椎間板ヘルニアなどが原因とするその他の腰痛でも1ヶ月ほどで良くなります。残りの10%は腰痛が長期間にわたって続く慢性腰痛へと移行します。

過去に腰痛を経験したことのある人は、その半数が現在も腰痛を抱えていると言われています。ぎっくり腰などの急性腰痛を繰り返す人の割合は25%くらいだと言われています。

腰痛の再発率は、1年以内なら約30%、10年以内なら約80%とされています。


 

腰にかかる負担

腰椎の一番下の骨盤との境界部分には全体重の約60%の負荷がかかり、腰を前に曲げたときにはその4倍にもなります。


 

【症状別】

腰椎椎間板ヘルニア

●症状
腰や臀部が痛み、下肢にシビレや痛みが放散したり脚に力が入りにくくなります。
背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったり、前かがみになると痛みやシビレが強まります。
20~50歳代の男性、特に働き盛りの20~30代によく見られ、10代の若者や60代以降の高齢者は少ないとされています。

●原因と病態
椎間板は線維輪とゼリー状の髄核でできており、背骨を繋ぎ、クッションの役目をしています。椎間板が押しつぶされ、その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。
加齢や腰への負担の蓄積などによる「椎間板の老化」で悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。

●診断
下肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経痛の出現を見る)や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱くなっていないか等で診断します。さらに、X線(レントゲン)撮影、MRIなどで検査を行い診断を確定します。
ただし、MRI画像で椎間板が突出していても、症状が無ければ多くの場合問題はないとされています。

●予防と治療
痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行い、痛みをやわらげることもあります。腰を温めるのも良いでしょう。一般的には痛みが軽くなれば、牽引を行ったり運動療法を行います。
これらの方法でよくならない場合や下肢の脱力、排尿障害があるときには手術をお勧めします。最近では内視鏡を使った低侵襲手術も広く行われるようになってきました。


 

腰部脊柱管狭窄症

●症状
この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
最も特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行です。
腰部脊柱管狭窄症では腰の痛みはあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下にシビレや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、少し前かがみになったり、腰をかけたりするとシビレや痛みは軽減されます。
進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

●原因と病態
加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。
脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。歳をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。
椎間板ヘルニアに比べて中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こります。

●診断
単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要となります。下肢の動脈がつまって血行障害を生じた時にも似たような症状がおこりますので、原因を正確に調べることが必要です。

●予防と治療

・日常生活での注意点
日常生活では姿勢を正しく保つ事が大切です。神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぐので、歩く時には杖をついたり、シルバーカーを押したりして腰を少しかがめるようにすると楽に歩けます。また、自転車こぎも痛みが起こりにくいので、よい運動になります。

●治療
一般的に手術ではない治療としてはリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬などがあります。これらで症状が改善することもあります。
しかし、歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行うこともあります。また両足に症状が出ている場合には改善することが少ないので手術を行うことが多いです。最近は内視鏡を使った低侵襲手術も行われています。


 

腰椎分離・すべり症

●症状
腰痛の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合があります。痛みは腰椎を後ろに反らせた時に強くなります。
腰痛は10~15歳ころから生じますが、青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢痛・しびれが出ます。

●原因と病態
多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎を反らしたり回したりすることで起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

●診断
分離症の診断は側面や斜めのX線(レントゲン)像で行います。
分離すべり症では脊柱管(馬尾神経が入っている部分)は狭くならないのでMRIでははっきりしません。分離部分で神経根が圧迫されていることが多く、神経根ブロックで明らかにする場合もあります。

●予防と治療
分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合が大部分です。腹筋・背筋を強化して、一般的な腰痛予防を心がけます。腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われます。


 

変形性腰椎症

●症状
「変形性腰椎症の主な症状は腰痛です。起き上がる時、寝返りを打つ時、立ち上がる時など何か動作をするその開始時に強い痛みが現れて、動き出すと軽くなるのが特徴です。同じ姿勢を長時間保ったままでも強い痛みを感じる場合があります。痛みの出る場所も様々で、腰部全体、棘突起の周囲、臀部、傍脊柱筋などがあり、その中でも特に臀部の痛みが多いと言われています。
腰の倦怠感、鈍痛、重いなどの症状が一般的ですが、足のシビレや足の冷え、運動障害などを感じる人もいます。また、腰が外側、または内側に曲がってくるのも変形性腰椎症の症状だと言えます。こうなってくると長時間立っていることが厳しくなります。

●原因と病態
変形性腰椎症の主な原因は加齢です。遺伝的な要素も原因の一つですが、過去に重労働をしていたということも原因の一つとして挙げられています。
椎間板が老化によって劣化し、水分を失っていくと本来クッションの役割を果たしていたものが果たせなくなり、稚体の間隔が狭くなって脊柱が周りの神経、または神経根を刺激して激しい痛みを生じさせます。この状態になると稚骨が脊柱を支えるために骨棘を作り出しますが、逆にこの骨棘自体が周囲の神経を刺激して痛みを出してしまう場合も出てきます。
また血行不良も腰痛の大きな原因で、体の冷え、精神的ストレス、目の疲れ、体型、同じ姿勢をとり続けるなどの生活習慣が原因となります。

●診断
腰痛が主体で下肢症状があっても軽微な場合では、X線検査で骨組織の加齢的変化を確認し、さらにその他の疾患を除外することで本症の診断がつきます。
X線検査で加齢変化がみられても、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでは下肢の症状が主体になることが多く、本症とは区別されます。腰痛を起こす脊椎以外の疾患、すなわち腎臓や膵臓などの内臓疾患や婦人科疾患、さらに解離性大動脈瘤なども除外診断としてあげられます。

●予防と治療
変形性腰椎症の予防としては、腰痛が出る姿勢や動作をせず、腰を労わることが重要です。腰に負担をかけない動き方を日常生活で心がけるのが一番の予防です。逆に安静にしすぎるのも腰痛を悪化させてしまうので、適度な運動を心がけることが必要です。
変形性腰椎症の治療方法は主に対処療法で、痛みを鎮めたり、筋肉のコリをほぐす薬物療法や、特に痛みの強い場合は神経ブロック注射、筋力をつけるための体操療法、コルセットなどで腰の負担を和らげる装具療法、神経の圧迫を和らげる牽引療法、腰を温める温熱療法やマッサージ、電気療法などがあります。


 

「筋筋膜性腰痛」

●症状

腰あるいは腰から背中にかけての痛み、腰のハリ、コリ、だるさ、重さなどの違和感が見られます。はじめは腰の周辺に軽い痛みを感じるほか、腰がなんとなく疲れる、だるい、重苦しい感じがする、いつもよりこっている、などの腰の不快感を感じます。
放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われるぎっくり腰が起こることもあります。

●原因と病態

筋・筋膜性腰痛とは、一言で言えば「腰周辺の筋肉疲労による痛み」です。
腰を使う作業や、腰に負担をかける姿勢や動作を続けることで、腰の筋肉が損傷して炎症を起こしたり、過度に緊張した状態になって痛みが発生します。
「筋肉痛」、「ねんざ」、「肉離れ」などの形で現れてきます。
筋・筋膜性腰痛は「筋性腰痛症」とも呼ばれ、腰痛症とは、痛みがあるのにX線撮影などの画像検査で腰まわりの組織(骨、椎間板、神経など)に異常が見られず、明らかな原因を特定できない腰痛を言います。

●診断

問診と理学的検査(視診、触診、打診)を行い、痛みの状態、痛みが発生したきっかけ、普段の生活で腰に負担をかける要因があるか、といった点を確認します。
筋肉の腫れなどが確認できれば筋・筋膜性腰痛とわかります。しかし筋肉内部が傷ついている場合は、患部を目で見ても分からず、X線検査(レントゲン)などの画像でも異常を確認できないため、どこが悪いのかを断定するのは難しいケースが多くなります。
筋・筋膜性腰痛は、「原因がはっきりと特定できない腰痛」の総称である腰痛症(非特異的腰痛)に分類されます。

●予防と治療

筋肉の緊張や炎症を抑えるための治療が基本です。
症状が悪化しないよう、日常生活において腰の筋肉に負担をかける行為は極力避けるよう指導しつつ、痛みを解消するための保存的療法を行います。
症状に合わせて以下のような治療法を組み合わせて実施します。

薬物療法
炎症を抑えて痛みを和らげる"消炎鎮痛作用"のある「外用薬」を患部に使うことが多いです。湿布、軟膏、クリームなどの塗り薬タイプのものです。

運動療法
ストレッチ運動などを行い、腰の筋肉を伸ばして筋肉の緊張を和らげます。椎間関節のズレによる腰の捻挫が原因となっている場合は、関節の矯正を行います。

温熱療法
ホットパックや超音波などで腰を温め、血行をよくします。筋肉の緊張がほぐれて痛みが和らぐほか、疲労物質が流れ出て回復が早まります。

装具療法
コルセットなどの補助器具で腰を支え、負担を減らします。
自分の生活を振り返り、何が腰によくないのかしっかりと把握した上で改善を図りましょう。


 

「骨粗しょう症」

●症状

骨粗しょう症になっても、痛みはないのが普通です。しかし、転倒などのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、背骨(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折:コーレス骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。
骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。また、背中や腰が痛くなった後に、丸くなったり身長が縮んだりします。

●原因と病態

身体の中の骨は生きています。同じように見えても、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗しょう症は、このバランスが崩れることで起こり、骨がスカスカになってきます。骨粗しょう症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。

●診断

診断はX線(レントゲン)検査でも可能です。
骨量や成分(骨密度)を測定するためには、デキサ法(2重エネルギーX線吸収法)、超音波法、MD法、CT法といった詳しい検査があります

●予防と治療

骨粗しょう症は予防が大切な病気です。

予防

転ばないようにする
カルシウムを十分に摂る
ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウムを摂る
適量のたんぱく質を摂る
禁煙し、アルコールは控えめにする
運動、日光浴をする

治療

内服薬や注射(カルシトニン製剤)などによる治療を行います。
骨折した場合は、それに応じた治療が必要です。
閉経後の女性には、整形外科医の定期的な検診をお勧めします。



 

なぜ、しもにし整体院の施術で痛みが改善するのか?

それは痛みのある部分だけではなく全身を施術する事で本来の正しい身体へと導くからです。

seitai01

しもにし整体院の施術は全身をトータル的にみて行きます。患部(痛いところ)だけをみるのではなく、身体全身のバランスを整える事(ゆがみを取り除き正しい状態にする事)にこだわっています。

正しい身体にすると人間が本来持っている自然治癒力が最大限に引き出されます。それによりあらゆる症状の改善に繋がります。


 

皆様にいただいたお喜びの声

腰痛で朝起きるときに辛かったのが解消されました!

icon_next 河谷幸代様 40歳代 女性 腰痛

voice

1.今までの経緯・辛さをエピソードなどを入れて書いて下さい。

ギックリ腰を放置したままで寝返りが出来なくなった時は本当につらく、朝、起きる時、時間がかかってしまって大変でした。でも通院して半年位から少しずつ寝返りが出来るようになって今では普通に寝れるようになりました。


2.この整体の良さは何ですか?(技術的なこと、雰囲気など何でもOKです)

話し易い。全身のバランスをみてもらえる。


3.ここに来て良かったなと思った時はどんな時ですか?

痛みや不快な部分が軽減する

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

しもにし整体院の施術の特徴

特徴

 

追伸

tsuishin

他に何か気になること、聞いておきたいことなどございましたらお気軽にお電話下さい。

あなたの不安を解消し、健康な身体へ導くことがしもにし整体院の目指すところです。

どこへ行っても良くならなかった・・・とお悩みの、あなたのご来院をお待ちしております。


 

しもにし整体院までのアクセス

院名 腰痛・骨盤矯正専門 しもにし整体院
住所 〒604-8223 京都市中京区新町通四条上る小結棚町435ジェイプライド四条烏丸902
電話番号 075-754-8536


 

電話番号 075-754-8536


お問い合わせボタン

ページトップに戻る